画像をくっつけるアプリ(名称未定)の使い方

画像をくっつけるアプリ(名称未定)の使い方の説明です。

使い方

設定画面を眺めてもらえば殆ど理解できると思うので、判りづらい部分を中心に簡単に書いておきます。

初回設定

このアプリはIrfanViewコマンドラインオプションで画像の加工を行うので、IrfanViewがインストールされている必要があります。なので、IrfanViewのインストール先が設定されていないと動作しません。もちろんですが、別途インストールしてください。

初回起動時は必ず設定画面が開くので、「Irfan Viewのインストール先」の設定だけは必ずしてください。これをしないとアプリは起動しません。

Irfan Viewのインストール方法はこの記事を見てください。

画像の読み込み

以下のどれかの方法で画像を読み込めます。

  • メニューの開くを選ぶ(複数選択可)
  • 左の四角をダブルクリック
  • 画像ファイルをドラッグする(複数ドラッグ可)
  • スクリーンショットフォルダ監視の設定をしている状態で、スクリーンショットフォルダにファイルを作成する

画像を4つ読み込んだ状態だと、画像をクリアするまで新しく読み込むことはできません。

画像の並び替え

左の4つの画像はドラッグで並び順を変更できます。

設定の「横方向のずれ補正」

ほぼ装備画像Wiki向けの画像用の設定です。

画像を切り抜く範囲は設定の「切り抜き」で設定されている位置ですが、個々の画像毎に横方向にずらしたい場合に設定します。正面~右は、それぞれ順に画面左の四角に対応しています。(装備画像を意識しすぎたラベルになっているので、そのうち直します。)

設定の「最後にリサイズする」

出来上がった画像をリサイズしたいときに使います。このリサイズはアスペクト比を維持してリサイズするので、幅と高さの両方を指定しても、そのサイズにはなりません。

アス比を維持して高さを指定したいときは幅を0に、幅を指定したいときは高さを0に設定してください。

ツールバーの「範囲編集モード」と「ずれ補正編集モード」

設定で指定した「切り抜く範囲」と「ずれ補正」の位置を修正するモードです。編集前の画像を見ながら切り抜く範囲を修正できます。これらのモードでは、左の画像をクリックすれば、選択した画像の編集前画像が右に表示されます。

範囲編集では、青い四角が切り抜く範囲を表しています。この四角をドラッグで移動したり、リサイズすれば切り抜く範囲を変更できます。

ずれ補正編集では、橙の四角が切り抜く範囲を表しています。ドラッグで横方向に切り抜く範囲を変更できます。ずれ補正の設定は選択した画像への設定になります。

今のところ、このモードで修正した範囲は一時的な設定で、アプリの終了時に破棄されます。設定に反映する方法とアプリの終了以外に設定をクリアする方法は今のところありません。(そのうち何かしら対応します)

tmpフォルダ

アプリと同じフォルダに「tmp」というフォルダを作り、加工中の画像の出力先にしています。今はデバッグなどの目的でファイルは消さずにほっています。アプリ終了後に適当なタイミングで消してください。